前へ
次へ

営業求人を見て転職活動を始めたほうがいい時期

営業求人を見て転職したいと思っても、すぐに応募して採用されるかどうかは、その人によって異なります。
具体的なポイントとして挙げられているのは、どんな時期に入社するかです。
たとえば、4月入社や10月入社など、企業の決算期や新年度を狙った転職を行う場合は、たいてい希望している入社時期の3か月前を狙うとうまくいきやすいでしょう。
4月入社を目指す場合、1月から転職活動を行うことが成功のカギです。
また、自分の働いている企業の賞与をもらってから新たな企業の営業求人に応募する場合には、賞与時期にやめる数か月前から狙ったほうがいいといわれています。
たとえば、7月にやめて8月から入社をする場合は、4月から5月には新しい職場を見つけるべきです。
企業によっては賞与の時期が異なるため、必ずしもこの限りではありません。
なお、冬の賞与しか存在しないなど、企業によって偏った賞与も存在しています。
いずれにしても営業求人に応募するときに、面接でいつから来られると聞かれて正確な日時を出せるようにすることが、転職活動に必要といわれているため、参考にしてください。

Page Top